新型コロナウィルスによる自宅軟禁生活

 

原文(英語)はこちらをご覧ください。

 

Kaitlynn Brown(MBA Class of 2021)は、ミシガン州トラバースシティ出身です。ミシガン州立大学でファイナンス分野で学士号を取得した後、ワシントンDCに移り、8年間政府との契約に従事しました。彼女は今夏ロンドンでファイナンス分野のアソシエイトとしてシティバンクにてインターンします。

ロックダウン解除後の初日に、ビーチに、そしておそらく直接地中海に向けて走り、そしてゆっくりと歩いて食べ歩きしながら家路に着くことを既に計画しています。

隔離、つまり「ロックダウン」に対する自然な反応は、実行できない全てのこと、または失われた全ての時間について考えることです。まるで自分が制御能力を失ったように感じ始めます。

どのレベルでも透明性はないようであり、結果はまだわかっていません。そのため、希望を抱ける何かを探します。それは自分自身だと私は主張します。頼りになるのは自分自身です。自分が制御できるのは、今、自分の目の前で今起こっていることです。

私にとって、毎日の儀式が鍵であり、それはコーヒーから始まります。美味しいコーヒーは我々のアパートでの必需品です。挽きたての豆を使ったフレンチプレスが我々の通常です。朝は、通常、新鮮なベリーとバナナが入ったギリシャヨーグルトにグラノーラをトッピングします。自分が癖のあるタイプであることは否定できませんが、それは、制御不能な状況を制御するための私の方法でもあります。

これは、IESEに来る前に学ばなければならなかったものであり、この45日間(そして成長しつつある)日間、大いに助けになりました。ロックダウンの2-3日目に、毎日のTo Doリストを作成しました。どんなに小さな仕事でも、それはリストに載りました。それから、そのリストの項目が習慣になるまで、そのリストを参照し始めました。

他の人がどのように不安を管理しているかを学ぶのは興味深いことです。一部の人々は、できるだけ多くの情報とニュースを摂取します。消費されるニュースが多いほど、彼らがコントロールしていると感じます。私にとって、読んだニュースが多ければ多いほど、不確実性が増し、以前よりも多くの疑問が残り、明確さが失われます。

私の場合、毎日のニュースの取り込みを、2つまたは3つの短いポッドキャストと1つまたは2つの記事に制限する必要があります。他の友人はコーディングの授業を始め、アラビア語を学び、起業家的な冒険をブレーンストーミングしています。過去を振り返り、旅行の冒険を思い出し、MBAに時間を取られる以前の古い趣味を再開している人もいます。そして、交際関係を求める人もいます。これらのどれも間違っていません。ただ、万能のアプローチは存在しないのです。

おそらく、最も難しい部分は、他の人が実践している対処法が自分のためにうまくいかないかもしれないことを受け入れ、諦めないことですが、何がうまくいくかを探し続けます。ただし、これには時間がかかります。ありがたいことに、時間はまさに私たちが持っているものです。時間を浪費しているという考え方を持つのではなく、私たちが時間を獲得している全ての方法を考えてください。それは少し型破りかもしれませんが、隔離生活に贈り物があると考えるなら、それは時間です!

 

私にとってこれが意味するところは次の通りです。

1.調理する時間

IESEの最も優れた点の1つは、学生の多様性です。 私の同級生と私は料理を通してこれを楽しむことができました。 夕食作りは、我々4人がお互いのことを知るための1つの方法になりました。 私たちは調理業務をローテーションすることを確認しました。 他の人のために料理するのははるかに楽しいだけでなく、誰かに料理してもらうのも信じられないほど素晴らしいことです。 隔離生活料理本の中身の候補として、アメリカ料理、フランス料理、インド料理、メキシコ料理をまとめています。 乞うご期待!

 

 

2.運動する時間

私はすぐに毎日のトレーニングに取り組みました。最初は、かつての旅行中に作成した内容を参照しました。しかし、家に留まることを要する今の世界で、私が米国の家で逃したクラスを受講するのは、素晴らしいことです。リビングルームとベッドルームでヒップホップとサルサのクラスを受講し、フラットメイトも参加するよう説得しました。彼らは娯楽を高く評価していると思います。

私はプライドを飲み込み、ソーシャルメディアで「プッシュアップチャレンジ」を試み、ヨガのクラスでリラックスしました。また、クラスメートの約50人とともに、60日間のトレーニングに取り組んでいます。ビデオは古く、Instagramでの「ライブ」ビデオストリーミングほど派手ではありませんが、これによって新たなIESEコミュニティが生まれました。グループのメンバーは毎日お互いにチェックインしており、お互いにやる気を出し続けています。体を健康に保つには、アクティブな状態を保つことが不可欠ですが、さらに重要なのは精神的に健康であることです。

 

3. 作り、読み、反省する時間

過去8か月について、書いて、振り返り始めました。1学期と2学期は、コースワーク、夏のインターンシップの募集、新しい都市を開拓することなどで満杯でした。学生生活は波乱に満ちたものでした。隔離後は、毎日1000 km / hで走っていないことにショックを感じていました。しかし、減速して、過去8か月の素晴らしい瞬間とそれほど素晴らしいものではない瞬間を全て思い出してみると、次のことが楽しみにもなります。

我々が最初にAmazonで注文したのは、パズル、画材、本です。私のフラットメイトは絵を描いたり塗ったりしています。夜は他のクラスメートと雑学クイズをします。そして、私は数日、パズルに取り組んだり読んだりすることによって、現実を完全に逃れることを選択しました。 Delia Owenの「Where the Crawdads Sing」を読みながら、ノースカロライナ州の海岸に逃げてきました。Chloe Benjaminの「The Immortalists」のファンタジーと現実に夢中になり、Rupi Kaurの「Milk and Honey」の言葉に夢中になりました。

 

4. 電話する時間

私は去年の夏に家族や友人に別れを告げ、時差は関係ないことを約束しました:「電話することを約束します」、「いつでも電話します」、「あなたが私が実際に大西洋の反対側にいることを認識することは決してないでしょう」、「電話をすぐかけます」

現実は、私はそれらの約束にあたり、誤計算していました。 MBAのスケジュールを管理することは、勉学と社交の両方で全く簡単ではありませんでした。そして、残りの時間はベッドの上で崩れて過ごしてきました。このMBA生活の外で人生の時間を作らなければなりません、そしてこの点が私の弱点であったと最初に自白します。

隔離生活により、家に電話する時間と心理的余裕が確保されました。家族や友人が知らないことがどれほど起こったのかを理解するのは悲しいことではあります。しかし、自分の成果を思い出して誇らしげに共有し、失敗を笑いながら友人や家族と共有することがいかに楽しいかを理解しています。

 

5. 寝る時間

1学期は、平均5時間の睡眠でした。2学期は、平均してほぼ7時間でした。隔離生活の最初の数週間は、睡眠時間が増えました。今、私は眠りにつくことが非常に困難であり、それから目を覚ますのが更に難しいことに気づきます。アラームを設定しました。これは私にとって新たな挑戦です。よく眠ることは私がいつも当たり前だと思ってきたことです。 Netflix、ラベンダーオイル、海の波の「音楽」ではなく、お茶、読書、Netflixの視聴を試しました。時にはそのコンボが機能することもあれば、午前2時までうまくいかないこともありますが、その時点で(うまくいけば)私の脳はようやくオフになります。

 

6. オンラインで勉強する時間

簡単ではありません。難しい。 「授業で」話す自信を取り戻す。まるで授業の1日目に戻ってくるようなものです。チームのダイナミクスが変化したため、オンライン授業とそこへの参加はチャレンジの一部にすぎません。これまでにない新しいレベルのストレスとストレス管理があります。学生には、家族や友人、あるいは病気の友人の友人がいます。彼らは家に帰ることができないか、家に戻り隔離生活を要請されました。完全に孤立している友人のケースもあります。コミュニケーターとしてどんなに力強いとしても、これらの追加されたストレッサーは巨大でダイナミックであり、時間ごとに変化します。

私が敗北を感じていたときにリアリティチェックをしてくれたのは私の同級生でした。私はチームとコミュニケーションをとることができなかったように感じ、さらに悪いことに、弱いリンクのように感じました。彼女は私に(私たちが共有した無数の模擬インタビューの話から)、米国での私のキャリアの最後の5年間、私の上司は私から離れていたことを思い出させました。私は(ほぼ)「事実上」の仕事がかなり得意でした。しかし、これは別の動物です。チームのダイナミクスは異なります。優先順位と意思決定の権限は異なります。

私が敗北感を覚えていた折に相談に乗ってくれたのは、同級生でした。私はチームとコミュニケーションをとることができなかったように感じ、更に、分が弱いリンクのように感じていました。彼女は私に(我々が共有した無数の模擬インタビューの話から)、米国での私のキャリアの最後の5年間、上司は私から離れていたことを思い出させてくれました。私は(ほぼ)「オンライン」の仕事がかなり得意でした。しかし、これは別の動物です。チームのダイナミクスは異なります。優先順位と意思決定の権限は異なります。

 

 

私は、悲嘆に類似した感情的な隔離が社会に起こっているというハーバードビジネスレビューの記事を読んでいました。悲しみは私にとっても他人事ではありません。毎日共にあります。実際、程度問題であり、我々全員が経験していています。私にとっては、未知の重みと不確実性が体を取り巻いています。 ハーバードビジネスレビューの記事では、殆どの悲嘆文学と同様に、5つの段階、各段階に費やす時間、特定の段階に戻る回数に適切なレシピがないことについて説明しています。現実は悲しみなので、一度想定されると決して去ることはありません。ただし、どのようにそれを管理するかについては学ぶことができるでしょう。

我々は皆、嵐を風化させたことがありますが、もう一度やります。私にとってそれは、時々40分のワークアウトを怠ることを意味します。私は約束をしました、私は自分を失望させることはできません。それ以外の時間は、ベッドにとどまり、自分でNetflixを繰り返し視聴できるようにすることです。または、私のリビングルームに歩いて行き、ハウスメイトに夕食を作ってもらいました。私は、今や週にわずか一度だけ、自分のやることリストを見ています。特定の日に新しい項目を追加することもありますが、日常的なものとして参照するものになってきています。これらのリストは、私が現在にとどまり、達成可能な目標の構造を与え、私の心がハイパードライブになるのを防ぐのに役立ちます。

強くありましょう。 現在にとどまり、目の前にあるものに集中してください。 室内活動の新たな時間を楽しみ、創造力を発揮し、連絡を失った人々とつながりましょう。 時間を活用して、再グループ化したりリセットしたりしましょう。

自分自身を振り返り、別の現実で迷ったりする時間を確保してください。そして、毎日が最高の日になることも、毎日が最悪になることもないということも、そして最も重要なこととしてこれが人生の中で一時的なものであることを受け入れてください。無駄にしないでください。