なぜVCIC(Venture Capital Investment Competition)に参加すべきか

原文(英語)は、こちらをご覧ください。

 

ベンチャーキャピタルはニッチな分野で、投資やスタートアップでの具体的な経験が必要です。この分野の知識はどのようにして身につけるのでしょうか。MBA Class of 2021のIrwan Hernawanは、選択科目であるVCIC(Venture Capital Investment Competition)で何を学んだのか、そしてそれがこの分野に興味のある人にどのように役立つのかを説明します。

あなたはベンチャーキャピタリストを目指していつつ、投資家からの資金が銀行口座に入るのをまだ待っていますか。あるいは、MVPを構築している意欲的な起業家で、自分のビジネスのために資金を調達する方法を理解したいとお考えですか。もしあなたが、投資家や創業者の経験をより深く理解したいのであれば、2年目のVCIC選択科目は必須です!(言い換えれば、入札プロセスでたくさんのポイントを獲得して上位にランクインするようにしてください)

VCICコースはどのようなものなのでしょうか。 IESEは2年目に、ベンチャーキャピタル(VC)の思考プロセスとツールを学生に習得させ、VCICに備えるための2週間のコースを実施します。グローバルVCICは、120以上の大学・大学院のチームが参加する世界最大のベンチャーキャピタルコンテストです。この大会では、学生は一日だけVCになることができ、スタートアップ企業は資金調達プロセスのためのアクセラレータを得ることができます。様々な学校のチームが地域ラウンドで競い合い、その後、米国のUNC Kenan-Flager Business Schoolが主催するグローバルラウンドへの参加が決定します。IESEは、過去10年間で7回、地域(欧州北部)のチャンピオンになるなど、地域ラウンドで高い実績を上げています。

学生はまず、4人のメンバーで構成されるダミーのVCファンドを設立します。コースの最初の週に、各グループは、(i)起業家のピッチを聞き、(ii)デューデリジェンスの質疑応答を行い、(iii)各グループが選んだベンチャー企業のタームシートを投資委員会(=教授)に提示し、(iv)起業家と投資条件を交渉することで競い合います。コースの最後の週末には、1日だけの学内コンペが行われますが、異なる起業家と投資委員会(つまり外部の審査員)が参加し、どのチームがIESEを代表して地域ラウンドに参加するかを決定します。

 

 

このコースで興味深かったのは、有望なベンチャー企業を見極めるためにフレームワークを使うといった学術的な理論と、交渉可能な条件と交渉不可能な条件を理解するといった専門家の知恵が、様々な状況に対応するために組み合わされていたことです。業界やベンチャーのステージ、創業者の経験などによって、論理的な対応が異なるため、「銀の弾丸」は絶対にありません。

更に、コースの各セッションは、学生自身が経験するVC投資プロセスの特定の段階を反映しており、何が良かったのか、何を改善すべきなのか、教授や学生からすぐにフィードバックを得ることができます。このような実践的な経験は、投資家や創業者としての人生がどのようなものかを把握するのにとても役立ちました。

さらに、VC投資は科学というよりも芸術に近いものだということも学びました。というのも、最終的には人間を相手にすることになるからです。自分とチームメイトの間で調整して、防御可能で強力な投資理論を構築したり、起業家や投資委員会に影響を与えて自分の投資条件に合致させたりします。

私たちの場合は、最終的に2つのグループが学内コンペの共同優勝者に選ばれ、1つに統合されて、地域及び世界のVCICラウンドにIESEを代表して参加することになりました。最終的にIESEを代表して参加したのは、Alix Chausson、Andre Cardoso Dias、Bruno Blando Deluiggi、Javier Arribas Diaz、Rory Russell、Victoria Guijarro Garijo、Willy Fabricio Holgado Chaconでした。VCICに参加して私が感じたことは、チームメイトと一緒に最初から勝つためのマインドセットを構築できたことです。幸いなことに、このマインドセットのおかげで、私たちは地域ラウンドで優勝し、グローバルラウンドに進出することができました。

 

 

ここでは、コンペティションで成功するために重要なマインドセットをいくつか紹介します。

1.実用的なフレームワークを使用し、適宜適応する
コンペの各セクションには時間制限があり、準備期間も同様です。現実的な方法でチームを編成し、各メンバーの強みを活かし、そこから時間管理を最適化することから始めましょう。

2.集団及び個人のフィードバックを受け入れる
他のチームのパフォーマンスを見ることができるということは、自分のチームが発揮していない、他のチームでうまくいったアイデアを借りることができるということです。そのため、チームメイトに自分のパフォーマンスを建設的に批判してもらったり、自己批判を率直にすることで、チームメイトが自分の改善に役立てることができます。そうすることで、チーム全体のパフォーマンスを強化することができます。

3.できるだけ多くの練習をする
できるだけ多くのロールプレイを行いましょう。これは、デューデリジェンス、投資委員会でのプレゼンテーション、起業家との交渉などに当てはまります。これらのパートをシミュレーションすることで、チームは各メンバーのコミュニケーションの明確さと質を評価し、時間の予算化を図り、更にはチームがまだ 「部屋の中の象 」を見逃していないかどうかを確認することができます。殆どの場合、私はシミュレーションの中で起業家として行動し、厳しい回答をすることができました。

4.全員の責任を明確にする
膨大な量の情報を処理し、短時間で結果を出さなければなりません。そのため、全員がプロセスの全ての部分で何を実行するのか、明確なオーナーシップを持つべきです。

残念ながらグローバルラウンドでIESEの旗を振ることはできませんでしたが、今後もVCICでIESEが発展し、より多くの学生が参加してくれることを願っています。