ファミリービジネスへの着地 – Family Business Day

 

MBA Class of 2022のChin-Hao ChangとStephanie Chiohが寄稿しました。原文(英語)はこちらの通りです。

 

3月初旬、IESE Family Business Clubは、Heinrich Liechtenstein 教授、Sebastian Ehrensberger氏とGinka Christenson氏の2人の実務家と共に、冬学期に2年生に提供される選択科目である「LAND」と関連して、IESEで恒例のFamily Business Dayを開催しました。このイベントは、多様な参加者が集まり、家族だけでなく、所有者グループもあるファミリービジネスでの経験について話し合うために特別に企画されたものです。

*LANDとは、「Landing in your family business – setting priorities and aligning with your family」の略で、「ファミリービジネスへの着地」を意味します。

当日は、Family Business Clubの1、2年生、LANDの学生、メンター、Family Business ClubのOBなど、80名以上の参加者が集まりました。冒頭、Heinrich教授がイベントのアジェンダを説明し、Chin-Hao Changさん(MBA Class of 2022)がLANDコースの概要と彼のLANDの経験を紹介しました。

 

 

Ginka Christenson氏が進行役を務めるパネルに移り、MBA Class of 2022 LANDの3名、Maram AlDukhayyil、Ravi Alencar de Macêdo、Stephanie Chiohから、LANDコースでの体験談を聞くことが出来ました。このコースは、少人数の学生が家族のビジネスに着地するための計画を立て、さらに重要なことに、家族と連携する最初のステップを指導・支援するために設計されています。特にガバナンス、家族関係と信頼、プロセス処理に重点を置き、世代交代の際に次期世代メンバーが指揮を執る必要のある最も重要なトピックを扱います。授業での議論は基本的な概念をカバーし、授業中や授業の合間の相互的な議論は、学生が自分の状況や選択肢を理解し、後継者問題に備えるための個人的なアプローチを選択、検討、調整できるように構成、モデレートされました。

パネルディスカッションで得られた主な意見は以下の通りです。

  • このコースでのメンター体験は、私にとって非常に有益でした。5年前、まさに私と同じような状況にあった、完璧なメンターとマッチングしました。私たちの状況があまりにも同じで、両親の性格まで同じだったのはびっくりでした。Heinrich教授が実在するDumbledoreなのではないかと思いました。(Maram)
  • 多くのコンセプトは既に知っているものでしたが、他の同僚から異なる視点を聞いたり、自分と同じ課題を経験した人々と経験を交換することは、常に学習経験として有効です。このコースは私の期待に応えてくれました。私のMBAの旅において、ハイライトとなるものでした。(Ravi)
  • LANDの授業は、思いがけずサポートグループとなり、意見と課題に耳を傾け、共有し、必要な時にはいつでも皆を支援し、非常にカスタマイズされた、個人的で集中できる珍しい会話を互いにすることができました。(Stephanie)

続いて、コカ・コーラ社非常勤役員のAlfonso Libano氏をお招きし、基調講演を行いました。テーマは「家族の絆:良いコミュニケーションを育むには」。Libano氏は、ご自身のファミリービジネスがどのように築かれたのか、70年以上にわたる経験をもとに、コミュニケーションの重要性を説かれました。コミュニケーションは、家族や会社の財産と同じように、継続的に取り組まなければならないものであり、ビジネスの繁栄のために不可欠な柱であることは間違いないと強調しました。さらに、コンフリクトマネジメントの重要性を強調した。講演の中で、彼はこう述べました。

「コンフリクトは世代交代に必要なものであり、それを隠蔽することは不健全です。対立は世代交代に必要なものであり、それを隠すのは不健全だ。対立の扱い方を知り、その存在が共有されているにもかかわらず、なぜそれが生じず、隠され続けるのかを理解しなければならないでしょう」

Libano氏のスピーチは、次の議題である「なぜファミリービジネスの着地が難しいのか」に巧みにつながり、MBA Class of 2021スの元LAND生3名、Nicolas RoemmersRiya SinglaKhelen Lalaがパネルを担当しました。パネリストは、LAND受講前、受講中、受講後の意思決定プロセスや、現在のキャリアに至る経緯について語りました。

現実のビジネス上の課題を解決することは、IESEの教育手法の特徴的なスタイルです。参加者の多様性と専門性を考慮し、私たちはこの会議を、参加者がIESEファミリービジネス卒業生のファミリービジネスの課題に取り組むためのプラットフォームとして利用する機会を見出しました。参加者は10人ずつのグループに分けられました。各部屋では、まずファミリービジネスOBが現実のファミリービジネスの課題を発表し、参加者は明確な質問をし、その後、無言でフィードバックをする時間が与えられ、その後、グループが書いたフィードバックをオープンに共有し、議論するというセッションが司会進行で行われました。その後、発表者が主要な学習事項をグループ内で共有し、セッションを終了しました。

LANDの学生とそのメンター、IESEファミリービジネスクラブのメンバーや卒業生とのネットワーキング・ランチの後、別のファミリービジネス・チャレンジが行われ、その後、この日最後のパネルセッション 「なぜメンターは違いとなるのか」が行われました。このセッションでは、3人のLANDメンターとIESE卒業生(Ali Achammer、Caroline Luengo、Henrique Morgatto)を招き、ファミリービジネスや事柄の中で、またはその周辺で自分自身を導くためにメンターと仕事をした経験について話してもらいました。

 

 

イベントの最後には、Jamaica Producers GroupとPortland JSXのディレクターである Patricia Francis氏が、「価値の最大化:所有から管理への旅 」と題して講演しました。彼女は、1919年に設立され、その後、産業や地域を超えて拡大した彼女のファミリービジネスの概要を聴衆に説明しました。その上で、同族会社と事業の規模が大きくなるにつれ、法的な継承、適切なプロセスと経営構造、合意形成、男女の多様性、透明性などが、同族会社が直面する重要な課題であることを指摘しました。

更に、100年以上の歴史を持つ同族会社が、男性優位からジェンダー面での多様化へと移行していく過程を、彼女や他の女性家族が取締役に就任したエピソードを交えて紹介し、同族会社がどのように課題に対処しているのかを明らかにしました。最後にFrancis氏は、財務管理、年次監査、パフォーマンス、コミュニケーションなどを含む管理の実践について述べ、スピーチを締めくくりました。信頼と信用は重要だが、意思決定における公平な考え方は、ファミリービジネスの管理において、同等かそれ以上に極めて重要なものであるというのが最後の学びでした。

このイベントが、ファミリービジネス・コミュニティをより緊密にするための素晴らしいネットワーキングのプラットフォームとなったことを、私たちは願っています。今年のIESE Family Business Dayの成功は、関係者の皆様のおかげです。この場をお借りして、このイベントに参加し、ボランティアをしてくださった著名なゲストスピーカー、パネリスト、メンター、卒業生、現1年生と2年生の皆さんに感謝の意を表したいと思います。Heinrich Liechtenstein 教授、Sebastian Ehrensberger氏とGinka Christenson氏の総合的な企画と専門的な司会、Gabriela Blanco氏の会議前・会議中の物流・運営に関する揺るぎない支援、そして最後に、技術支援をしてくれたIESE ITチームの皆様に感謝いたします。