親愛なるMBA Class of 2024の皆さんへ

 

MBA Class of 2022のJoe LoboCarolina Fariaが寄稿しました。原文(英語)は、こちらをご覧ください。

 


MBA取得の旅に出る前に覚えておきたい5つのこと

座って、シートベルトを締めて、一生に一度の大旅行に備えましょう。多くの人にとって、これからの2年間は人生を変えるような体験になるはずです。夜遅くまで友人と好きな授業について議論したり(一緒に世界中のお酒を飲みながら)、クラスメートが主催するエキゾチックな、そして時にはとても高価な場所への旅行、SKIESE、MultiCulti、BOW等、これらの言葉が今は異質に見えても、すぐにあなたの世界の中心になることでしょう。

そして、もちろん仕事もあります。朝8時の授業に間に合うように競争したり、グループプロジェクトの締め切りを守るためにチームで奮戦したり、どんなキャリアを積みたいか決めたり、新しい仕事の機会についてたくさん話を聞いて100回考えを変えたりするのも楽しみでしょう。

皆さんの中には、コンサルティングの旅に出る人もいるでしょうし、それに伴う準備もあるでしょう。そこで、コンサルティング・クラブが私たちに伝えるように、これから始まるMBAのジェットコースターに乗るための5つの重要な学びについて、皆さんに助言させて頂きます。

 


1. MBAの経験で何を得たいかを今考えましょう

この記事を読んでいる方の多くは、仕事を辞めたばかりで、MBAに入学するまでの数週間をリラックスして過ごそうと思っていることでしょう。休息はもちろんですが、MBAで何を優先させるかを考え、時間を上手に使いましょう。

今こそ、MBA生活の3つの分野、学業、キャリア、ソーシャル/ネットワーキング、にどのようにアプローチし、何を達成したいかを考えるべき時なのです。どのようなキャリアに興味を持ち、どのようなスキルを身につけ、どのような経験や旅行をしたいかを明確にしましょう。

9月に入ると、全てのケースを読む時間がほとんどなくなるので、カレンダーが少し空いた今こそ、これからの2年間を計画するチャンスです。2024年5月に卒業証書を受け取るためにステージに上がるとき、自分は何を達成したと言いたいのでしょうか。

 

 


2. MBAバブルに突入する準備をしましょう

これから2年間、あなたの人生を支配するバブルに突入しようとしています。

MBAバブルには、生涯の友を作る、互いに学び合う、人と一緒にすることに事欠かないなどの利点がある一方で、マイナス面もあります。

就職活動における状況がどうなっているか、チームはどうなっているか、誰がうまくいっているか、あるいはうまくいっていないか、どの旅行に行くか、などなど、同じような会話をする準備をしましょう。

MBAの学生は競争心が強く、時には自分と他人を比較することもあります。バブル期はストレスがたまるので、集中力を維持し、バブル期を楽しみ、必要なときはいつでもバブル期から離れることを忘れないでください。バブルはどこにも行きませんから。

 


3. たくさんイエスと言いましょう、でも全てにイエスと言うべきではありません

MBAには、この記事の残りの時間を費やしても足りないほど、たくさんの機会があります。参加・運営するクラブ、参加するコンテスト、旅行、夜の外出などなど、数え切れないほどの機会があります。

できるだけ多くのことにイエスと言うようにすべきですが、燃え尽きる可能性があります。何百ものWhatsAppグループからの通知で、携帯電話が心臓発作を起こしているのではないかと思うほどです。毎晩、夕食会に申し込まなければならないような気がします。ランチタイムには、クラスメイトや世界中のビジネスリーダーから話を聞くことができます。全てをこなすことはできません。しかし、その前に決めた優先順位を思い出し、それを守れば、後悔することはないでしょう。自分にとって大切なことと、他の人にとって大切なことは違うし、休息する時間も必要です。

 


4. 不合格を受け入れましょう

私たちは皆、成功者です。そのために、世界で最も有名なMBAプログラムの1つに合格したのです。しかし、成功は一直線に続くものではありません。そして、もしこれまでがそうであったなら、これからの2年間はそうではないでしょう。

あなたのキャリアは、IESEだけでなく、世界中のMBAスクールで最も優秀な人たちと競い合うことになります。不合格になるのは必然です。

不合格は辛いものです。私は、ある一流コンサルティング会社からの採用通知を期待してすぐに学校を出て電話をかけましたが、断られたことをよく覚えています。また、1年目には他の5つのトップ企業からも最終選考で落とされました。

このようなことは、あなたにも起こるかもしれません。私たちの助言は、それを受け入れることです。不採用になるたびに、次は必ず合格通知を受け取れるように、そこから何を学べるかを考えるのです。内定をもらった人のことを恨まないようにして、努力を続けることです。私たちがオファーを受けることができたのなら、あなたにも必ずできるはずです。

 


5. 2年生や卒業生の話を聞きましょう

MBA中の助言に関わる最良の情報源は、幸運にもあなたの目の前にあります。2年生は、あなたがこれから始めようとしていることをちょうど経験し終えたところであり、その気持ちをよく理解しているはずです。

キャリア、学業、社会生活に関する質問に答えるために、彼らを活用するようにしてください。しかし、彼らの時間は貴重であり、あなたを助けるためだけにやってくれていることを忘れないでください。有名な「pay it forward」という言葉を何度も耳にし、あなたはすぐに2年生になって、MBA Class of 2025に新しく見つけた知恵を伝授することになるでしょう。

私たちは非常に忙しく、即座に対応できない可能性があることを忘れないでください。しかし、IESE は緊密なコミュニティであり、私たち全員がお互いを気遣い、将来の学年が IESE でよく知られている成功を維持できるようにすることができると確信しています。

 


6. (おまけ) 楽しんでください!

これはよく言われることですが、本当にそうです。この2年間は特殊です。賢い人なら、この2年間で多くのレベルで変貌を遂げることができます。

この2年間を最大限に活用してください。MBAの旅は思ったより早く終わります。私たちMBA Class of 2022にとってまさにそうでした。