Global Energy Day 2021(イノベーションと破壊)

 

原文(英語)は、こちらをご覧ください。

 

IESEのEnergy Clubの目標は、IESEのコミュニティとそれ以外の人々の間で、エネルギー分野への認識を高め、関与することです。毎年開催されるGlobal Energy dayはその年のメインイベントですが、今年は非常に興味深いラインアップを発表できることを誇りに思います。このイベントをオンライン形式にすることで、より豪華な講演者を揃え、より多くの方々を招待することができました。当日は、示唆に富むパネルディスカッションと相互性の高いネットワーキングセッションを組み合わせて、エネルギー分野における現在のホットな話題について議論します。

Schneider Electricのチーフ・イノベーション・オフィサー兼エグゼクティブ・コミッティーのメンバーであるEmmanuel Lagarrigue氏が、エネルギー業界におけるイノベーションについての基調講演を行い、イベントをスタートさせます。Emmanuel Lagarrigue氏とSchneider Electricは、持続可能な分散型の電気の未来に向けた取り組みをリードしています。これは地球にとって必要なことであるだけでなく、今後20年間で世界は現在の3倍の電力を消費することになるため、大きなビジネスチャンスでもあります。

基調講演に続き、最初のパネルディスカッションでは、エネルギー産業の現状とクリーンエネルギーへの移行の予測について議論します。新型コロナウィルスや欧州の「グリーン・ニューディール」がエネルギー転換に与える影響や、近い将来のカーボンニュートラル達成に向けた中国やバイデン政権の公約など、刺激的な議論が期待されます。このパネルには、欧州委員会を代表して世界経済フォーラムのEspen Mehlum氏、ShellのTijs Beek氏が参加し、Massimo Maoret教授(IESE)がモデレーターを務めます。

2つ目のパネルでは、今後数十年における供給面での課題と機会について深く掘り下げていきます。石油のピークは過ぎたのか、再生可能エネルギーの今後10年間の見通しはどうなのか、再生可能エネルギーの割合が増えていく中でどのようにして送電網の安定性を確保するのか、また、近い将来、水素はどのような役割を果たすのか。Tom Greatrex氏(Nuclear Association CEO、英国エネルギー省影の大臣)、David Mesonero氏(Iberdrola事業開発担当、元Siemens Gamesa)、Xavier Rousseau氏 (SNAM、元McKinsey)は、これらのテーマについて深い洞察を持っており、Marco Arcelli(EP Global Commerce CEO、元Enel社)の司会により、素晴らしいパネルディスカッションが展開されることでしょう。

デジタル環境を最大限に活用するため、2つ目のパネルの後にはネットワーキングセッションを開催し、5人の参加者と1人のファシリテーターで構成される小グループに分かれて、業界が直面している重要なトピックについて議論します。これは、学びや知識の共有だけでなく、同じ関心を持つ仲間と知り合う機会にもなります。

 

 

一日の締めくくりは、移行を加速させるために我々が引き出せる需要側のドライバーについての活発な議論です。我々がエネルギーを消費する方法を変え、この消費の効率を高めることは、大きな可能性を秘めています。現在利用可能な費用対効果の高いエネルギー効率化の選択肢を採用するだけで、先進国のエネルギー消費量は50%削減することができます。エネルギー効率だけでなく、消費者の新たな役割も、エネルギーを取り巻く状況を大きく変えるでしょう。例えば、分散型エネルギー貯蔵庫としての電気自動車の将来的な役割や、デジタルを活用して大企業の需要パターンを変化させる機会について考えてみましょう。今回のセミナーでは、Martha Vasquez氏(BCGアソシエイト・ディレクター)の司会のもと、Eliano Russo氏(エネルXの電子産業担当責任者)、Jordi Garcia氏(シSchneider Electricのデジタル・パワー・プロダクツ担当副社長)、Tim Heal氏(オクトパス・エナジーの戦略担当ディレクター)の3人が、このような話題について語ります。

私個人としては、同級生のAnna、Inese、Jordan、Bartosz、そしてIESE Energy Clubの皆さんと一緒にこのイベントを開催できることをとても嬉しく思っています。IESEのコミュニティに支えられているからこそ、クラブとしてどれだけのことができるのかがわかります。

この討論に参加したいですか。こちらで登録して、是非、招待状を知人にも共有してください。オンラインでお会いできるのを楽しみにしています。