在校生の活躍(奨学生):Hasani Brooks (MBA Class of 2022)

 

IESEでは、卒業生が組織やコミュニティにプラスの影響を与えることに誇りを持っています。

特にこの困難な時期における、学校に対する彼らの寛大さと社会的責任感に感謝します。

同窓会の会員資格と寄付は、多くの才能ある人々がIESEのコミュニティに参加するのを支援する多数のイニシアチブに資金を提供する上で重要な役割を果たしてきました。

この投稿では、MBA Class of 2019が後援するMBA奨学金の受領者を特集しています。

それは、MBA Class of 2022のHasani Brooksです。

大変興味深いのは、Hasaniはバルバドスからの史上初のIESE MBA生であることです!

原文(英語)はこちらをご覧ください。

 


あなた自身について少し教えてください。どこから来ましたか。キャリアの目標は何ですか。

思い出の中には、他の人を助けてきたことが含まれますが、これは最も充実していると感じられる瞬間です。これにより、他の人に奉仕することが私の人生の目的であるという確信を深めることができました。私はバルバドスで比較的仲の良い家庭で生まれ育ち、成長して脳神経外科医になりたいと思っていました。若い頃は、外科医であることがこの目的を達成するための最良の方法であると考えていたと思います。しかし、中学の最終学年にバルバドスで唯一の公立病院でインターンシップを終えた後、すぐに医学のキャリアが私には向いていないことに気づきました。数学が本当に好きで、それに優れていることを知っていたので、数字への愛情と自然な親和性を活かして、金融サービスの領域に落ち着き、決して振り返ることはありませんでした(たぶん、一度だけ、私がプロの歌手になるという考えに浸った時を除いて!)。心配しないでください。今でも、フラットメイト相手にを迷惑に歌を披露したり、時折夜に演奏したりもしますが、大学の親友の結婚式で歌うことで、音楽への愛を探求しています。これまでに、バンクーバーとモナコの2つの結婚式で歌ってきたことを光栄に思います。

現在、私の長期的な目標は、マイクロファイナンスとマイクロインシュアランスを中心とした社会的企業を構築することです。これは、金融包摂の拡大と、周縁に追いやられた人々に質の高い信頼できるヘルスケアサービスへのアクセスを提供することによる経済発展に焦点を当てています。これらはカリブ海の2つの主要な問題であり、最終的には最大級の影響力を与えたいと考えています。暫定的に、MBAプログラムからできるだけ多くの知識と経験を積み、その後、コンサルティングのキャリアに乗り出したいと思います。

 


なぜIESEを選びましたか。

 

2018年に、当時世界最高のビジネススクールの1つでMBAの旅を始めたばかりのアメリカの友人を訪ね、授業の1つに参加する機会を得た後、MBAを真剣に検討し始めました。しかし、ロンドンで学部課程を修了したので、欧州で勉強したいと思っていました。バルバドスからロンドンに転居する機会としてMBAを利用したいと思っていました。欧州のMBAプログラムの研究を始めましたが、IESEは私のための全チェックボックスにチェックを入れていました。ですので、2018年11月にフィードバックを得るためにCVを提出することになりました。

IESEのミッションは、出願時の意思決定プロセス、特に奉仕の精神に重点を置いた時に重要な役割を果たしてきました。この使命は私の価値観と一致していたので、共感しました。また、あらゆる調査により、IESEにおける比類のない学びの経験とネットワーキングの機会は、将来の成功のために私を望ましい場所に導くであろうことがわかりました。 IESEのランキング、世界のトップ採用企業との関係、及び、全体的な卓越性への注力を考えると、IESEからMBA教育を受けることで、目標を達成する可能性が大幅に高まることがわかりました。さらに、包括的なMBAカリキュラムの一部としてのIESEのケーススタディ手法の使用、15か月または19か月の学習オプション、プログラムに含まれる55以上の国籍からの多様な視点への露出、スペイン語を学ぶことができる点などが他の要因でした。

 


奨学金はどのような違いをもたらしましたか。MBAで何を達成したいですか。

この奨学金のおかげで、MBAプログラムに入学し、この変革の旅に出ることができました。IESEの教育と経験は、私を想像を絶する高みへと駆り立て、人生のあらゆる面で成功するために必要なツールを備えてくれると確信しています。

与えられる機会を利用して、あらゆる段階で成長、多様性、公平性、包摂に関わるイニシアチブに貢献するよう努めます。これは、より回復力があり、関係が強化され、力を与えられた社会を発展させるために重要であると信じています。

特にLGBTQ +の人々、有色人種、社会経済的背景の低い人々の視点を意思決定テーブルに持ち込み、参入障壁を取り除き、より多くのスペースを取り、より多くの座席を確保できるようにしたいと考えています。率直に言って、世界はより良い、より多くの情報に基づいた決定を下すために、リーダーの立場において多様な視点を必要としています。

これらのイニシアチブは、多くの人々の利益のために途方もない社会的報酬を生み出す能力を持っているため、非常に重要です。これが私の遺したい爪痕です。

 


MBAを取得するのは間違いなく例外的な年です! MBAの経験の最初の数ヶ月はこれまでどのようになっていますか。

 

この経験は、特に新型コロナウィルスの影響を考慮に入れると、私の期待を上回りました。

全員の安全と健康を維持するために実装されたプロトコルのために、MBA Class of 2022の同級生全員に会うことができず、IESEが通常促進する全ての活動を楽しむことができきれなかったことは確かです。

しかし、これまでのところ、私は世界で最も聡明なだけでなく、非常に多様な経験を持つ興味深い人々と交流し、そこから学んだと本当に言えます。 素晴らしい数ヶ月でした。

これからのことを心から楽しみにしています。

 


共有したい特筆事項はありますか。 初年度の残りの期間、何を楽しみにしていますか。

あらゆることが世界的に起こっていることを考えると、キャンパスで最初の学期を完全に完了することができたことは間違いなく印象的でした。

些細なことのように聞こえるかもしれませんが、事実上だけでなく、毎日同級生から直接学ぶ機会を得たことは、本当に素晴らしい経験でした。

今後数か月で、このようなことがもっと多くなり、同級生のことをもっと知ることができるようになることを楽しみにしています。

新型コロナウィルスが脅威ではなくなることを願っています。

また、他の人と一緒にスペインや欧州をもっと探索することにも特に熱心でありたいです。

 


IESEでの勉強により、これまでどのような影響を受けましたか。

 

プログラムはまだ比較的初期の段階ですが、正直なところ、私は一層オープンマインドになり、考えるべき内容に対してより構造化されたアプローチを採用するようになりました。

主にABP(Analysis of Business Program)とDecision AnalysisとMarketing Managementのおかげです

これらの変更は、レジリエンスと敏捷性を一層重視するという意味で、私の全体的な視点の変化として追加されました。

新型コロナウィルスの最中、IESEが巧みに私に実装してくれたと感じられるこれらの2つの属性は、生涯を通じて私に役立つでしょう。

 


あなたと他の奨学生は、IESEのミッションを推進するのにどのように役立てると思いますか。

意図的に卓越性を追求すべきでしょう。

IESEが与えてくれる機会を無駄にしないべきです。

それぞれを最大限に活用し、上昇するにつれて、他の人が誇らしげに辿るであろう道を必ず図にしてください。

これには、より幅広いIESEコミュニティや独自のネットワークと積極的に関わり、優秀でふさわしい職業人が革新的なIESEの経験から利益を得る機会を得るのを支援することが含まれます。

 


最後に、IESE卒業生コミュニティ全般にどのようなメッセージを共有したいと思いますか。

「多くが与えられる人には、多くが要求されるでしょう」。

IESEの卒業生コミュニティに、成功、時間、知識、知恵、経験、才能、技能を活用して、特に現在の学生と積極的にネットワークを築き、毎年の寄付活動に参加することで、他の人々の生活を改善するよう呼びかけたいと思います。

また、あらゆる機会においてIESEのミッションを永続させるために、多様性、公平性、包括性を真に促進し、そうすることで、より多くの人々が巻き込まれていくにつれて、彼らも自分の立場が何であれそこから力を与えられるように、深い帰属意識を育むよう努めましょう。