時にはピボットも必要(MBAが起業家にもたらすもの)

原文(英語)は、こちらをご覧ください。

 

起業家は日々の業務に完全に没頭しているため、より広い視野や、内外の力がビジネスに与える影響を見逃してしまうことがよくあります。MBAは、起業家がベンチャーを成功させるために直面する重要な問題を特定し、解決するためのスキルと知識を身につけることで、その考え方を変える機会を提供します。MBA Class of 2022のHenry Hargreavesは、IESE MBAに入学する前に既に自分のビジネスを立ち上げています。彼はなぜMBAを取得しようと思ったのでしょうか、そしてそこから何を学んだのでしょうか。

 


ローラーコースター

スキルギャップの拡大は、多くの産業や企業が直面する、ますます問題化する現実です。2016年、学部での勉学に続いて、私はSTEM教育とコーディングに関連する特定の問題に取り組むことにしました。私の広範な調査によると、コーディングは学校のカリキュラムから大きく外れており、学校でも広く教えられていないにもかかわらず、親からの要望は高いことがわかりました。その結果、技術業界は、意欲のない、準備不足の学生を抱えることになりました。その解決策は何でしょうか。Gledusは、オーダーメイドの高品質な技術教育を提供するために設立されました。私たちは、独自のカリキュラムを開発し、英国内の学校や大学と協力し、国内の学生に提供できるようにしました。

最初の試験的な学年が成功した後、私は英国外務連邦機関(FCO)と清華大学が主催する起業家コンペに参加し、国際的な協力関係を探りました。その結果、中国を訪問したことで、中国市場において、留学生を夏の短期留学プログラムとして英国に呼び寄せるという有利な機会が生まれました。

もちろん、英国でのサービス提供には、英国内の提携校がオープンで、実際に留学生が利用しやすい状態であることが必要でした。そんな折、新型コロナウィルスが発生しました。注文がキャンセルされ、ビジネスが停滞してしまったのです。もう振り出しに戻るしかなかったのです。

 


危機から機会は生まれる

 

このようにかなり大きな挫折を味わったにもかかわらず、私は立ち止まって、自分が実際に何を達成したかを振り返ってみました。技術教育分野でのギャップを確立し、複数の海外パートナーを訪問して関係を築き、付加価値のあるサービスを交渉し、友人、指導者、パートナーになった多くの素晴らしい人々に出会い、全てが強力な個人的支援ネットワークに貢献したのです。実際、私はこの基盤に非常に感謝し、次のステップを決める際に頼ることができ、最終的にIESE MBAの取得につながりました。

新型コロナウィルスが定着する前に、大きな問題となり、私たちが知っている世界、特に私のビジネスに大きな影響を与えるだろうと予想していました。Gledusは、文字通り需要が減少し、少なくとももう一学年は戻る気配がないため、休止に直面しました。どうにかしなければと思いました。すぐにビジネスモデルを変えるべきかどうかを考え始めましたが、どうやって、いつ、何に変えるのか。もし、それがうまくいかなかったら、どうすればいいのだろう。選択肢を広げる必要があったので、次のステップをきちんと見極めるための時間と知識を得るために、MBAを取得することを選びました。

 


生存本能

 

ビジネススクールを探し始めたとき、自分自身だけでなく、自分のビジネスもどうしたらピボットできるかを考えたことを覚えています。しかし、1つだけ確かなことがありました。何もせず、新型コロナウィルスの状況を見守るという選択肢はあり得ませんでした。

IESEは、総合的な教育とロケーションの点で、他の学校より優れていました。まさにその通りだと思いました。MBAのカリキュラムは、当然ながら厳しいものですが、バリューチェーンのあらゆる段階で日和見主義的思考を強化するものです。1年目の必修科目、特にABP(Analysis of Business Problems)は、批判的思考を促し、好況時であっても最悪の事態に備えるよう促してくれますが、私自身の経験を考えると苦い経験でした しかし、私の腹に火をつけたのは「Fundamentals of Entrepreneurship」でした。ケーススタディに登場する起業家たちの成功、失敗、そして最終的な旅立ちに刺激を受けたのです。

最初の1年間は、以前のパートナーやクライアントとつながりを持つように意識しました。中国の学校と航空便は当面閉鎖されたままでしたが、英国の学校は開き始めていました。

このようなやりとりの中で、私はすぐにビジネスをオンラインに移行する機会を得ました。中国のパートナーにこの提案を連絡したところ、有望なフィードバックがあり、わずか数週間後には最初の学年として70人の生徒を教えることができました。ありがたいことに、私は英国の提携校と連絡を取り合い、その学校の先生たちが追加の授業を探していることを知りました。それ以来、300人以上の学生に授業を提供しています。

IESEは、高品質で多様な学問的経験を提供することを誇りとしています。2年目になってもその質は落ちません。「Entrepreneurial Finance」は、私に全く新しいツールキットを与えてくれました。このコースを受講して以来、私はビジネスにおける更なる機会の実現可能性を特定し、評価することができるようになりました。しかし、最も目を見張るようなモジュールと経験は、間違いなくナイロビでのインターナショナル・モジュールでした。ケニアやアフリカ全体のビジネス環境、特にEdTechについて多くのことを学びましたが、同時にMBAで最高の2週間を過ごすことができました。とてもお勧めです。

 


改革

 

キャリアの観点から見ると、MBAの学生には2つのタイプがあります。それは、「狩人」と「探検家」です。狩猟民族は、どのようなキャリアを歩むべきかを明確にした上でMBAを取得します。一方、「探検家」は、MBAを利用して、様々な業界、場所、機能を検討します。私は確かに後者でした。IESEは、学生が運営するクラブ、業界の専門家へのアクセス、教授陣のオープンドア・ポリシー、大きな成功を収めた卒業生、その他多くの選択肢を通じて、両者の機会を促進します。IESE のリソースは間違いなく役に立ちますが、私は国際的な同級生や非常に経験豊富で才能ある同級生との交流から最も大きな価値を引き出しました。ビジネスのアイデアを議論したり(そして厳しいフィードバックを受けたり)、彼らの以前のキャリアについての洞察を求めたりすることで、総合的なビジネスの知識と理解を深めることができます。というか、同僚との会話で考えを改めた「狩人」にも何人か会いました。

この19ヵ月を振り返ってみると、個人的にも仕事面でも変化がありました。仕事面では、ビジネスをオンライン化し、できる限り自動化することで、自分自身は調整と計画以外にはほぼ関与しなくなりました。MBAで学んだ知識と批判的思考を生かし、時には自分のビジネスをケーススタディとして使い、クラスメートから建設的な批判を受けることで、進むべき道を見つけることができました。皮肉なことに、私がビジネスに加えた変化は、MBA取得のための資金調達に役立っています。MBAを取得しながらビジネスを行うことは、おそらくお勧めできません。なぜなら、授業の要求からだけですら圧倒されかねないからです。しかし、第二の指揮官に経営を譲ることができる起業家にとっては、IESE MBAは完璧にフィットするのではないでしょうか。

しかし、私個人に与えた影響はもっと深いものでした。私は探検家として、オープンマインドで、できる限り多くのことを吸収しようとMBAに臨みました。また、方向転換をすることにも前向きでした。もしかしたら、起業家に戻りたくなかったのかもしれません。

確かにIESEのMBAは世界トップクラスで、当然ながらやりがいがあります。予想外だったのは、間違いなく生涯の友となるであろう素晴らしい人々に出会い、熱意と物語とケーススタディを通して科目に命を吹き込む驚くほど情熱的な教授陣から学び、IESEとそれがもたらす全てを経験できたことがいかに幸運であったかを実感したことです。このことに、私はとても感謝しています。

「起業家」である私は、パーティーに異なるスキルセットを持ち込みますが、授業の議論に価値を与える自信があります。全体として、IESEの経験全体から、より良い人間、より良いビジネスマンになるよう努力することを学びました。私の個人的な軸は、起業家的な才能を企業環境で生かすことだと思います。確かに、両者の良いとこ取りですね。

私のビジネスに関しても、ある方から買収の申し出があり、タイミングとしては全てにおいて最高でした。

 


奉仕の精神

もちろん、殆どの創業者は最終的に売却することを前提に事業を立ち上げています。私自身もそうでしたが、いざ売却の機会が訪れると手放せなくなることがよくあります。私の場合、何人かの教授が、卒業後もこの過程を支援すると申し出てくれました。このような継続的な支援の申し出は、IESEが誇る哲学、文化、学習環境、すなわち奉仕の精神の証と言えます。これは、新型コロナウィルスという最悪の事態を通して、とても明白になりました。

起業家精神には様々な形があり、また、様々な方法で善の力として利用することができます。このことは、大成功を収めたWomen in Business Conferenceからウクライナの犠牲者のための募金活動まで、「ベンチャー」を開発した私の同僚たちによって実証されました。

私の MBA での経験は終わりに近づいていますが、次の章に進む準備はできています。

IESEの真髄は総合力に長けた倫理的なビジネスパーソンを育てることであり、この真髄は私の残りのキャリアに大きな影響を与えることでしょう。

ありきたりですが、これから入学される方へのアドバイスは、行動すること、自分をさらけ出すこと、リスクを恐れないことです。あとは IESE MBA にお任せください!