世界中から集まったMBA Class of 2022 (2/3)

 

原文(英語)は、こちらをご覧ください。

 

MBA Class of 2022は、人生において最も破壊的で不安定な時期の1つでMBAを取得することを選択した、真に例外的な学年です。 全ての不確実性の中で、IESEでは、350人以上の才能のある学生を集め、影響力のある将来に備えたリーダーになれる準備をするという使命を堅持してきました。 この3部構成の投稿でMBA Class of 2022の学生の何人かに会いましょう。

今回は、1学期の学生生活についてです。

 


1学期の経験

 

Justo Gomez(アルゼンチン):1学期は非常に大変でした。学業、ネットワーキング、社交生活など、様々なことが起こっています。目標に優先順位を付けて集中し、適切なバランスを保ち、MBAの社交生活を楽しみ、授業を活用することが重要です。これまでのところ、素晴らしい成果が得られています。

Sandra Weber(オーストリア):キャンパスでの初日は本当に刺激的でした。 Zoomでやり取りしただけの同級生に会う機会があり、ケースメソッドの授業に対面で参加できることは大きな意味がありました。ケースメソッドを使用することで、幅広で活気に溢れた議論を行いながら、多様なバックグラウンドに基づいたグローバルな考え方で各ケースに取り組むための素晴らしいアプローチとなります。

Li Feng(中国):伝説によると、激しいものということでした。ここに来る前にはそれを疑っていました。しかし、それを正しく、確かに非常に激しいです。1日3ケース、課外活動、キャリア開発に関わるセッション、クラブのイベント、社交イベントなど。何よりも難しいのは、ペースを調整し、学校で毎日を最大限に活用するように努めなければなりません 。時々、全てを味わおうとすると、圧倒されることもありますが、毎日新しいことを学んでいるので、とても素敵です。

 

 

Ambar Chandra Sinha(インド):瞬く間に0から100でした!準備作業が満載の夏から1か月にわたるオンラインセッションまで、この学期は強烈でありながら刺激的です。最初は授業、ケース、就職活動をやりくりするのに少し圧倒されましたが、驚異的なチームを持つことで、より効率的に進めることができます。

Margaret Salazar(フィリピン):最初の学期は非常に圧倒的なものでしたが、大変驚きに満ち溢れたものでもありました。授業、教授、学生、そして街など、それら全てが私が想像していたよりも一層良かったです。ケースメソッドもその通りで、コミュニケーションの手法と考え方において私が成長するのを本当に助けてくれています。 IESEはまた、提供する全てのイベントやクラブで、私のキャリアと学業の目標に集中するのに本当に力強く支援してくれています。

Woochul Hong(韓国):嵐が吹き荒れました。大変でしたが、教授やケースメソッドが思っていたよりも一層素晴らしかったです。 IESEが世界でトップクラスのビジネススクールの1つである理由を本当に理解しました。同級生も、IESEのもう1つの完璧な部分です。人々は賢く、親切で陽気です。素晴らしいです。 新型コロナウィルスがなければ、更に良い経験になるでしょう。

 

 

Garine Arabian(UAE):これまでのところ、1学期の最初の数週間は、興奮と努力に満ちていました。最初の週は少し迷い、圧倒されましたが、同時に、350人以上の多様な同級生とMBAの旅を始めることにとても興奮していました。私は今、授業での議論を楽しんでおり、教授や仲間から学び、毎日課題に取り組むための創造的な方法を見つけるための手法を形作っています。私はこのプログラムで求められる仕事の量に前向きな意味で驚きを受けており、2年後のGarineは、今日のGarineと比較して、より良く、より強く、より機知に富んだ人になると確信しています。

Andrea Cyganiak(米国):私の旅は、集中的な2.5時間/日のビジネススペイン語プログラム(BSP)コースから始まりました。これは、多くの理由で非常に有益であり、新しい同級生に会うための優れた方法でもありました。続いて集中的なコミュニケーションの授業とキャリア関連の準備が行われ、多くのお気に入りの人々に会いました!現在、ケースワークとチームプロジェクトに取り組んでいます。自分の時間を管理することを学んでいますが、それは最も難しい部分です。