「ファミリービジネス」にする – IESE生のパートナー Matthew Boydenへのインタビュー

IESE生のパートナーとしての生活はどういったものになるのでしょうか。この投稿では、妻のLaura Napoli (MBA Class of 2020)と一緒にバルセロナに引っ越したMatthew Boydenと対談します。原文(英語)は、こちらをご覧ください。

 

Matthew、あなたの経歴について教えてください。

私は米国出身で、学部生のときに妻のLauraに会いました。テクノロジー/ソフトウェア会社に移る前に、私は数年間保険会社で働いていました。

 

スペインへの適応はどうでしたか。

Lauraの授業が始まる数か月前の6月に到着しました。夏を過ごす中で、街を探索し、暑さにも慣れました!私たちはGracia地区に惚れ込み、素敵なアパートを見つけました。エアコンのないアパートに滞在する場合は、ポータブルユニットを購入することを強くお勧めします。

最も適応が困難だったのは、スペイン語を学び、新しい人々に会うことでした。 「ハネムーン」段階が終了し、Lauraが学校を始めた後、私は孤独を感じ、新しい人との出会いをもっと意図的にする必要があることに気付きました。私はスペイン語のクラスとジムに参加し、自分同様にリモートで働いている友人に会いました。これらは私を大いに助けてくれました。

 

バルセロナでの時間の何が一番好きですか。

これは答えるのが難しい質問です!

これは私が今まで訪れた中で最も美しい都市の一つです。混雑した都市ですが、公共交通機関は非常に効率的であり、米国の多くの都市ほど交通量は多くありません。レストランは他の都市に比べて比較的安く、食べ物はとても良いです。バーも非常に手頃な価格です。バルセロナは旅行の拠点でもあります。スペイン国内の複数の素晴らしい場所への列車があり、低価格の航空会社がヨーロッパ内の旅行を非常に手頃な価格にしています。

正直、私は多くの都市に住んでいますが、おそらくバルセロナが私のお気に入りです。バルセロナを離れたら恋しくなることでしょう。

 

IESE生のパートナーとしてのチャレンジは何ですか。

私は遠隔地の会社にフルタイムで働いているので、最初は人と会うことは困難でした。パートナークラブは活動的で、多くのアクティビティ(ランチ、映画、外出など)を提供していますが、仕事中に頻繁に行われたので、参加できませんでした。

学生同士は一日中一緒に過ごすので、友人関係をはるかに早く構築します。私はまだ自分を見知らぬ人のように感じていたのに、妻が素早く友人を作っていたことに嫉妬したことを覚えています。しかし、数ヶ月後、私も彼女のクラスメートを自分の友人と呼ぶようになりました!時間がかかりましたが、我慢するようにしてください。

 

IESEコミュニティとはどのように関わってきていますか。

妻と一緒に、学生クラブが提供する社交イベント(Diwaliナイト、中国の旧正月のディナーなど)に参加しようとしています。それらのイベントは楽しくて、新しい人々に出会い、友情関係を育む素晴らしい方法です!

1年目の間は、男性のパートナーとしてそこにいたものの、多くの人は私が学生だと思い、「あなたはどのセクションにいますか?」と聞いてきましたが、2年生になると他の多くの人が私のことを知っていたのでそういった聞かれ方をすることはなくなりました。

 

将来の計画について教えて下さい。

それはいい質問です。次のステップが何なのかわかりません。幸運なことに、どこからでも仕事ができるので、卒業後の妻の仕事の場所に依存します。卒業後バルセロナに滞在したいのですが、どうなることか見てみましょう!

 

バルセロナに移る前の懸念は何でしたか。

最初は、スペインに移ることはむしろ私自身の発想だったので、何も心配していませんでした。私の主な障害はスペイン語を学ぶことでした。ここで1年住み、スペイン語には上達の兆しが見られますが、一層の改善を続けたいです!

 

今後のIESE生のパートナーへのアドバイスをお願いします。

バルセロナにおける新しい社交ネットワークの構築を開始できるように、早い段階からコンフォートゾーンから抜け出すようにしてください。