IESE MBAが実現したレバノン観光

 

Garine Arabian、Ali Moghnieh、Jessica Saade、Jennifer Zouein、Karim Adaimiが寄稿しました。原文(英語)は、こちらをご覧ください。

IESEビジネススクールがレバノンのニュースで紹介されました!

ここ数年でレバノンを訪れた最大のグループ(IESEの学生とパートナー83名!)である私たちは、レバノンで最も評判の高い2つのニュースチャンネル、MTVとL’Orient Le Jourに出演しました!

なぜそれが成果なのでしょうか?

  1. 観光業は常にレバノンのGDPに大きく貢献するものの1つでしたが、2019年の革命後に生じた政情不安により、ここ数年で激減しています。
  2. ジンバブエやベネズエラを上回る120%を超えるハイパーインフレと、90%を超える通貨切り下げで、レバノンは1980年代以来最悪の経済危機を迎えています。
  3. MBAの旅が始まる数日前に政府が破産を宣言し、銀行カードや振込の決済が全て終了しました。通貨は乱高下し、銀行券も限定的であるにもかかわらず、全て現金で決済されなければいけませんでした。

このような大人数での旅行を計画するには、いくつかの課題がありました。

  • 政府から供給される電力は1日わずか4〜6時間。
  • SIMカードがないため、殆どの生徒がインターネットを利用不可。
  • 全国にある10以上の拠点への公共交通機関が使用不可。

このような困難にもかかわらず、IESE MBA生たちは、人生で最も楽しい時間を過ごし、レバノンは彼らの心の中で常に特別な位置を占めることになると述べました。

 

 

旅の始まりは、南の街、シドンとタイアでした。有名な石鹸博物館を見学し、何百年にもわたって使われてきた伝統的な石鹸の製造方法を発見した後、フェニキア、ローマ、十字軍の3大遺跡、シドンの十字軍の海城、ティアのローマのヒポドロームと都市遺跡を訪れました。フェニキア人は地中海を支配し、スペインのマラガやカディス、チュニジアのカルタゴなど、豊かな植民地を築いた。ヨーロッパは、フェニキア人の王女エウロパにちなんで名づけられたとのことです。夕方、一行はビーチで素晴らしい夕景を楽しみ、ティレ旧港の近くで地元のシーフードディナーを食べました。

2日目は、素晴らしいベッカー渓谷を訪れました。まず、ローマ神話の天空の神、神々の王であるジュピター神殿を見学しました。これは史上最大の神殿であり、現存する唯一のものです。また、フェニキア様式のアンミクでは、地元農家からの仕入れと地元住民の雇用により、料理の伝統を守り、振興しているレストランで、素晴らしい料理体験をしました。レバノン最大かつ最古のワイナリーであるクサラでは、ローマ時代からワインを熟成させるために使われてきた、2000年の歴史を持つ全長2kmの自然林の中を散策しました。

 

 

3日目は、北部のハイキングに出かけました。まずは聖人の谷、カディーシャ谷で、何人もの聖人の庵を見学しました。迫害から逃れた初期のキリスト教社会もこの谷に避難していた。その中には、現在のレバノン最大のキリスト教徒集団であるマロン派も含まれています。現在、この谷はユネスコの世界遺産に登録されています。2時間のハイキングの後、「神の杉の森」を訪れました。ちなみに、杉の木は聖書に40回以上登場し、現在でもレバノンのシンボルとなっています。夜には、セマナ・サンタの木曜日を祝うキリスト教徒がいるビブロスの街を散策しました。ビブロスは、世界で最も古くから人が住んでいた町のひとつで、最初のアルファベットが生まれた場所です。フェニキア人が22文字のアルファベットを開発し、そこから多くの文明のアルファベットが生まれました。

4日目には、レバノンで森林再生や森林火災の防止など、環境に配慮した持続可能な活動を行っているNGOの協力のもと、Arz Ehmejでピクニックランチを行いました。このランチの収益は、これらの取り組みに使われました。その後、レバノンを代表する滝であるバアタラ渓谷まで歩きました。夜は、北部の街バトルーンと、ベイルート中心部にある防空壕を改造したBO18で、2種類のパーティーを行いました。この防空壕は、内戦後、レバノンの建築家Bernard Khouryがナイトクラブとして設計したものだそうです。

5日目は、レバノンの2つの首都、ベイト・エル・ディーン(1800年代のレバノン山の王侯の首都)とベイルートを訪れました。ベイト・エル・ディンでは、レバノンの三大宗教であるキリスト教、イスラム教、ドルーズ派を統一したレバノンの愛すべき王子、バチル王子の宮殿を訪れました。ベイルートのダウンタウンやマリーナベイ周辺を見学した後、ラマダン月の真っ只中、イスラム教徒が断食をする伝統的なイフタールディナーを食べました。

 

空き時間には、多くの人が新・世界七不思議の最終選考に残ったジータ石窟を訪れ、驚嘆の声を上げました。この洞窟は600万年以上前にできたもので、世界最大の鍾乳石と石筍があります。その他、多くの人がハリッサとその美しい教会を訪れ、そこからのレバノンの眺めは絶景です。

文化や歴史から自然まで、荒れ狂う滝から春の雪まで、多様なレバノン料理からベイルートの有名なナイトライフまで、IESE MBA生はまさに本物のレバノン体験をしました。また、MedonationというNGOを通じて、レバノンの人々に医薬品を寄付しました。

たった5人のレバノン人MBA生で、これだけのことが実現したのです。逆境に直面しながらも、彼らはすべてが順調に進み、80人以上の人々が一生忘れられない時間を過ごしたことを確認したのです。これは、Garine Arabian、Ali Moghnieh、Jessica Saade、Jennifer Zouein、Karim Adaimiから成るレバノン組織チーム(LOT)なしにはあり得ないことでした。

 

 

「あなた方の美しい国を案内してくれて、家を開放してくれて、時間を割いて歴史や文化について教えてくれて、本当にありがとうございました。あなた方のおかげで、忘れられない旅になりました。レバノンには、他の国々に教えるべきことがたくさんあるように思います。多くの文明の本拠地であり、異なる宗教がいかに平和に共存できるかを示す例でもあります。私は、この国と人々のために祈りたいと思います。本当にありがとうございました。」(Beatriz Alustiza, IESE MBA Class of 2022)

「まず最初に、私たちのためにこの素晴らしい旅を企画してくれたあなたの時間、努力、愛情にとても感謝しています。それぞれの細部を楽しむことができ、完璧に組織されていました。とても感謝しています。同級生にあなたがいてくれて、私たちは本当にラッキーです!この国の文化、歴史、素晴らしい風景を知ることができ、本当に楽しかったです。美しい国ですが、最も重要なのは美しい人々です。私たちが出会った人はみな笑顔で、私たちにとても親切にしてくれました。アルゼンチンで待ってます! 本当にありがとうございました!」(Ines Jaworsk, IESE MBA Class of 2022)

「この素晴らしい作品と、文化、食べ物、飲み物、そしてとても楽しい時間を本当にありがとうございました。レバノンは、素晴らしい物語と息を呑むような景色がある美しい国です。カディーシャ谷はシ衝撃的でした。MBAの最高の一週間で、やっとこの国の素晴らしい部分をたくさん見たと言えるようになり、とても嬉しいです!やったー!!」(Margaret Salazar, IESE MBA Class of 2022)