世界中から集まったMBA Class of 2022 (3/3)

 

原文(英語)は、こちらをご覧ください。

 

MBA Class of 2022は、人生において最も破壊的で不安定な時期の1つでMBAを取得することを選択した、真に例外的な学年です。 全ての不確実性の中で、IESEでは、350人以上の才能のある学生を集め、影響力のある将来に備えたリーダーになれる準備をするという使命を堅持してきました。 この3部構成の投稿でMBA Class of 2022の学生に会いましょう。今回は、彼らがどのような活動に興奮しているのか、そしてIESE MBAの学生生活がどのようなものであるかを垣間見ていきましょう。

 


どのクラブや活動を最も楽しみにしていますか

 

Lilian Kitamura(ブラジル):私の第一印象は、IESEのクラブは非常によく組織されており、多くの興味深いイベントや活動を提供しているということです。私はコンサルティングクラブ、ビジネスにおける女性クラブ(WIB)、及びラテンアメリカクラブからのほぼ全てのイベントに参加しました。次のイベント、特に多くのラテンアメリカ企業と繋がる機会となるラテンアメリカ向けの就職説明会を楽しみにしています。また、WIBの方は、男女共同参画の議論に男性を参加させるための非常に重要な運動であると私が思うシリーズ「Men as Allies」を組織しているため、常に一層学びたいと思っています。

Ankit Nayal(中国/インド):責任あるビジネスクラブ、スタートアップ&起業クラブ、スポーツ&メディアクラブに参加することに強い興味があります。また、150人以上の学生が参加する非公式のトレーニングクラブを組織しました。そこでは、私の経歴を活かして、毎週健康に力点を置いたイベントを開催しています。

Nino Eradze(ジョージア):フィンテッククラブの1年目のディレクターとして、クラブメンバーと協力して、多くの就職説明会を手配し、IESE学生の就職機会に関連するフィンテック企業と繋がることを楽しみにしています。私は、コンサルティングクラブ、ファイナンスクラブ、テクノロジークラブ、ビジネスにおける女性クラブのメンバーでもあります。これらのクラブに参加することで私が最も楽しんでいるのは、ちょうど1年前に同じ立場にあり有益なアドバイスを提供してくれる2年生とネットワークを築き、キャリア目標の達成に役立つ可能性のある必要な連絡先を共有できることです。これらのグループが常に開催している興味深いイベントやケースコンペティションが数多くあり、そのような活動は、IESE MBAの挑戦的でありながら興奮に満ちた学生生活に一層の価値をもたらします。

 

 

Mitali Gadekar(インド):テクノロジークラブ、消費財クラブ、スタートアップ&起業クラブを楽しみにしています。これらは、将来のキャリアの選択肢を模索したい分野です。また、ワインが大好きで、ワインクラブには、是非参加したいいくつかのワクワクする今後の活動があります。バドミントンクラブを介して再びバドミントンに取り組むとともに、キャンパスにおける最新のクラブの1つであるメンタルヘルス&ウェルビーイングクラブも覗いてみたいと思います。

Stephanie Chioh(シンガポール):私が最も楽しみにしている活動の1つは、TEDxIESE委員会が2年の長い年月を経て2021年春にTEDをIESEに戻すのを支援することです。会議のテーマは「関係性の未来」です。これは、現在の新型コロナウィルスの状況を考えると、多くの人々にとって間違いなく関連性があり、可能な限り関係を維持し続けるために常に変化に適応する必要があります。

Awethu Kafu(南アフリカ):私は、一般的に男性が支配しがちな金融サービス部門に参画する女性の割合を増やすことに情熱を注いでいるので、ビジネスにおける女性クラブの活動を本当に楽しみにしています。また、アフリカビジネスクラブ、セーリングクラブ、ワインクラブによって計画された素晴らしい活動のパイプラインを楽しみにしています。

 

 

JeongHun Paik(韓国):間違いなくコンサルティングクラブです。2年生はとてもたくさんのことをしてくれたので、MBA Class of 2023にも同じことをしたいと思っています。交換留学やキャリアトレッキングも非常に興味深いです。特に、 オンライン形式であっても、ドバイコンサルティングトレックに参加することを楽しみにしています。

Alexander Biehl(アメリカ合衆国):IESEには、参加したいクラブを一切欠いていません。 プライベートエクイティ&ベンチャーキャピタルクラブに参加できることに興奮しています。 MBA後の目標はプライベートエクイティであるため、モデリングの訓練、面接の準備、ネットワーキングのヒント、メンターシップなど、クラブが最初の1か月以内に提供してくれたものから計り知れないメリットを見つけました。キャリア関連のクラブ以外では、私はフットボール(サッカー)クラブに参加しています。既にいくつかの日曜日のゲームを利用して活動を続け、同級生と知り合うための一層多くの機会を提供しています。